沿革

沿革

平成 7年 5月 天白区高坂にて無認可の作業所兼、店舗として手仕事の館 てふてふを開所
平成 8年12月 緑区神沢に工房を開所 てふてふの移転を行う。
平成 9年 5月 藍染め製品の開始。中日新聞社より軽自動車の寄贈をいただく。
平成14年 9月 緑区桃山に工房を移転
     11月 社会福祉法人 飛翔として法人格を取得
小規模通所授産施設として事業開始。定員15名
平成17年 4月 手仕事の館 てふてふ設立10周年を迎える
平成23年 4月 天白区池場に移転、障害者自立支援法へ移行し、小規模通所授産施設から生活介護事業となる。定員30名
名前も【手仕事の館 てふてふ】から【障がい者日中活動支援センター てふてふ】にかわる。
平成24年 3月 相談支援事業所てふてふの開所
平成27年 6月 名古屋市名東区に【てふてふホーム】グループホームパピヨン藤が丘(共同生活援助・短期入所)を開所
平成29年 5月 グループホームパピヨン豊が丘(共同生活援助)を開所(2棟目)
平成30年 4月 【障がい者日中活動支援センター てふてふ】の定員が34名になる。
平成31年 4月 天白区高坂で販売店として使用していた店舗を【障がい者日中活動支援センター てふてふ】の従たる施設として登録。定員40名になる
タイトルとURLをコピーしました